島レポNo.5 「竹富島」

May 5, 2018

八重山諸島の島レポ第1弾は竹富島です!

まずは基本データです。

 

面積:5.42平方キロメートル

周囲:9.2キロメートル

人口:354人

アクセス:石垣港から15分

 

 

実は最初、黒島に行く予定だったのですが、船の時間が合わなかったために急遽竹富島に変更しました。

竹富島は石垣港のすぐそこで30分に1便ほどの船が出ているので、とても行きやすいです。

まずは石垣の離島ターミナルから乗船です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が乗った時点でもそこそこ席が埋まっていて空席も3分の1ほどといった感じでしたが、その後もどんどんと人は乗っていって、、、

結局満席でした。。ゴールデンウィークおそるべしです。

石垣島から近く、観光もできて、ビーチもある。それはたくさん人が来ますよね。

そんなことを考えるとあっという間についちゃいました。早いです。

 

港には水牛車、各ホテル、レンタサイクル屋さんの各バスが待機していて集落まで連れて行ってくれます。 

私はそこには加わらず、まずは港近くのゆがふ館へGoしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは竹富のあらゆることを知ることができるんです。周辺の海の名前とか、、こんなに細かくつけられているとは驚きですね。

竹富島を訪れるときに時間のある方は、まずゆがふ館に寄ってから行くと面白いと思いますよー。

 

ゆがふ館をでてちょっと歩くとレンタサイクル屋さんがあります。

みんな集落にあるレンタサイクル屋さんに行きますが、実は港近くにもあるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間300円は島内のお店で均一っぽいです。

「もし時間越したら、ここ(空き缶)に30分150円でいれといてねーー」っておっちゃん。

ゆるいなぁ~~。自転車はカギなしだし、、、

でもそういうところもなんか島っぽくていいですよね。

 

港から少し走ると島の中心である集落が見えてきます。

この集落は重伝建に登録されていて、赤い屋根瓦に石垣、そして白い道…本当にきれいなまちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな集落を抜けて、まず最初に向かったのが西桟橋。

美しすぎる海へと続く道。言葉がありません。もうこんなに透明な海はあるかっていうくらい澄んでいるんです。一度は行くべき場所です。おすすめです。

 

次に向かったのが、竹富島イチスポットといってもいいほど人気なコンドイ浜!

これもまたきれいすぎるんですよね。今回は泳ぎませんでしたが、もうこんなビーチで泳ぐとか最高すぎますよね。。

遠浅の海岸なのでゴールデンウィークのこともありたくさんの家族連れでにぎわっていました。

 

そして次もまた海シリーズ。

カイジ浜に向かいました。こちらは星砂で有名な浜です。

探してみるとすぐ見つかりました。星砂はキレイですが、砂ではなく有孔虫の遺骸なんですよね、、

浜でお土産用の星砂を販売している人に、これ(瓶詰などの商品)ってどうやって集めてるんですか?と尋ねると、ちゃんと専門の人たちがいますねー。とのこと。

星砂を集める仕事って、、、大変なのは間違いないですね。

 

サイクリングをして暑くなってきたので集落のカフェで少し休憩。

かき氷を頼むと、、山盛りの器が運ばれてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味が3つあって中には小豆も入ってるけど、、、多い。とにかく多い。

15分ほど戦ってやっと食べ終わりました。かき氷はほどほどの量が一番ですね。。500円ですからコスパは良いと思いますが…。

 

その後は島の東側にあるアイヤル浜へ。その道中にはほしのやさんがあります。ゴールデンウィーク期間の料金は7万円をこすとか!?

一度は泊まってみたいですけど、、、

そんなこと思いながらチャリを漕いで到着したアイヤル浜にはほとんど人はいませんでした。。

遊泳もできませんし遠いからですかね~。でも、この浜はとにかく蝶が多い。沖縄は蝶が多いですが、アイヤル浜周辺はひと際多かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に集落に戻ってゆっくりその町並みを眺めました。

郵便局も赤瓦に変わる徹底ぶり。そしてなごみの塔から見る集落全景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹富島は石垣から船で15分。本当に目と鼻の先です。

それでありながら全く違う空気が流れています。島は自動車よりも水牛車が目立ち、またサイクリングする観光客もたくさん。

キレイな海とキレイな街並みを楽しむことができて、2時間~3時間あれば十分に一周できる島です。

本当に本当に素敵なところです。八重山に来たら竹富に行かないのはあり得ないと思うくらいです。

ぜひぜひぜーひ訪れてくださいね。

BEGINの「竹富島で会いましょう」を聞きながら。

 

 

※基本データは日本離島センター発刊の日本の島ガイド『SHIMADAS(シマダス)』第2版と離島経済新聞発行の季刊リトケイNo.23を参考にしています。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

僕と西表島の100日間生活~後編~

August 1, 2018

1/3
Please reload

最新記事

September 21, 2018

Please reload

アーカイブ