西表島お散歩 第1弾

April 25, 2018

今日は初めてのお休みということで、西表島お散歩に行ってきました。

 

午前中は用事があり大原漁港の方へ。

寮から漁港への道の途中には仲間川を渡ります。

仲間川は西表島で2番目に大きな川で、下流域には日本最大級のマングローブ林が広がっています。

クルーズも運行しており滞在中に一度は乗ってみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな仲間川を抜けててテクテクと歩いていると横の林からガサガサと物音が、、そして突然現れるヤギ。。

本当にビックリしました。あちらもビックリしてましたけど、、。

沖縄ではあちこちにヤギがいますが、さすがに繋がれていないのにはびっくりです。。。

 

用事を終えてこのままお散歩しようとしましたが、あまりの暑さに屋内退避。

一度、寮に戻って一休みして15時くらいからリスタートです。

 

目指したのは大富林道の展望所。

南の島っぽい景色を歩いて歩いて、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たどりついた林道第1ゲート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからどんどん進んでいきます。

実はこの林道はもともと西表島縦断(横断)を目的に作られた道路なのです。

しかし、イリオモテヤマネコの発見など貴重な動植物が多数存在することから計画は中止となり、その一部が遊歩道として利用されているのです。

こうした経緯もあり西表島には内陸部にほとんど道路がなく、まさに日本最後の秘境となっているのです。

 

第1ゲートからの道は道幅も広く、明るく歩きやすいです。

10数分くらいで第2ゲートに到着。第2ゲート前の林道の説明看板を見ていると車が1台やってきました。

軽い挨拶をして、展望所を目指しているんですという旨を伝えると、それなら第3ゲート前まで送ってあげるから乗りなということで車に乗車。

地元の方らしくほたるの調査で訪れたそうです。

 

あっという間に第3ゲートに到着。道中が千と千尋の神隠しの雰囲気を感じましたけど、、。

ここからが本格的な林道で、車の立ち入りは禁止となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3ゲートはそれまでと違って一気に自然界の雰囲気に。

林からは様々な鳥の鳴き声やガサゴソという音、そして背丈の何倍にもなる植物が生い茂っています。

とにかく南国の植物はでかいんですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして見たことのない動物もたくさん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキワクワクしながらも順調に進んでいると、ハプニング発生!

20m程先に黒い塊が見えました。。リュウキュウイノシシです。本州のイノシシと比べたら小さいですが間違いなくイノシシです。

そしてウリ坊も確認。これは危険と判断して、背後に気を遣いながら静かに引き返しました。

目的の展望所まで1kですが安全には変えられませんからね。

 

もときた林道を引き返して、次は別の展望台に向かいました。

こちらは集落からも比較的近いところにありますが、、夕日が見える絶景ポイントなのです。

沖縄の日は長いのでしばらく待つことに、、。

ぼーっと景色を眺めていると遠くの方に赤い鳥を発見!

もしや!!と思いカメラで撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりアカショウビンでした。勤務先にもいるのですが、とても美しい声でなく鳥です。

姿もキレイという事で、始めた見たのですがとても美しい鳥です。西表島は日本でもアカショウビンを多くみられる地域だそうです。

 

そんなかんなで最後は夕日の写真です。

仲間川のマングローブ林と西表の雄大な自然に沈んでいく太陽。

本当に贅沢な景色でした。やっぱり西表は最高です!!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

僕と西表島の100日間生活~後編~

August 1, 2018

1/3
Please reload

最新記事

September 21, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索