August 19, 2018

「あそこは牛しかいないよ」

黒島の名前を聞かれると多くの人がこう答える。

たしかに牛が人口より圧倒的に多いことで有名だけど、その言われようはひどい。

そんな謎の怒りを持ちながら、宮本は黒島へと向かったのでした。

 

 

西表島から黒島への直接航路はないので石垣港を経由しないといけません。

黒島を真横から眺めながら石垣へ向かい、また同じような航路を戻る。

なんだかなぁ…と思いながらも、時間だけはある身分なのでのんびりと向かうわけです。

 

八重山の透明な海にも見慣れてしまった宮本は黒島への船旅もボーっとしていました。

おもむろに外を眺めると、あれ?海キレイ...

August 1, 2018

そこは"ロマン"と"努力"で作られた島だった。

  

 

由布島。

少しこの島の話をしましょう。

この島にはかつて多くの人が住んでいましたが、昭和40年代に台風に襲われ住民は西表島へと移住してしまいました。

しかし、島に残ったある老夫婦は去っていった子どもたちが喜んで帰ってこられる「楽園」を目指して、椰子の木を一本一本植え続けました。

その結果、今では島全体が亜熱帯植物園となり年間30万人余りが訪れる八重山随一の観光地となっています。

 

西表島の東側に位置していて干潮時なら歩いて渡れてしまうこの小島が職場でした。

仕事内容は一言でいうと写真屋さん。

よ...

August 1, 2018

船を降りると大自然だった。

 

 

2018月4月21日。

人生3つめの居住地となった場所は日本最後の秘境と言われる島でした。

 

首都・東京から遠く離れた沖縄の地。その中心地の那覇からさらに400km離れた場所にある西表島。

島の90パーセントがジャングル。亜熱帯気候に属して1年中温暖な気候に包まれていて、"イリオモテヤマネコ"という日本人なら誰でも聞いたことがある生き物の他にも、様々な天然記念物、絶滅危惧種が生息しています。

日中は内地の何倍ともいわれる紫外線が降り注ぎますが、時には一瞬で雨に包まれるスコールがやってきます。

その豊富な雨を受けて...

July 23, 2018

西表での生活も残り1週間とちょっと。

今日は寮の屋上から西表を眺めて改めて良いところだと、ここが好きだなと感じました。

 

徳島でも東北でも山間部や自然は見慣れていたはず。

でも、ここ西表の自然はなにか違います。

きっとそれは亜熱帯の島であることも関係しているのでしょうが、

本当に自分は感じたことのない大自然が広がっています。

 

出会う事、出会うもの、出会う人、すべてが新鮮で刺激的な毎日。

間違いなく、この島で過ごした3カ月は濃くてそして人生にとって有意義な時間です。

 

あと1週間もさらに楽しんで、西表を満喫できる様に。

 

July 22, 2018

今日は大学の友達が八重山に遊びに来てくれたので、仕事の休みを利用して遊んで来ました!

 

八重山は沖縄といえども本島から400km離れたところ。

そのため文化も気候も本島とはかなり違うんですよね。自分も来てから初めて知りましたが、八重山は八重山だなって。

だからこそ、皆さんもぜひ一度八重山に来てほしいです。また違った沖縄の良さを知ることができると思います。

今なら東京からも大阪からも格安が飛んでいるから来やすいとも思いますし。。

 

昨日の夜は石垣で食べて飲んで、今日は竹富島を観光。

コンドイビーチで泳いだり、簡単なシュノーケリングしたり、グラスボ...

July 20, 2018

西表島。そこは日本最後の秘境とも言われる。

面積の90%がジャングルで、今なお多様な生態系が形成されている。

 

その西表島にはなんと、他の集落と陸路では繋がっていない集落がある。

最初、それを聞いた時はにわかに信じ難かった。

今の時代にそんな場所があるの?

しかし、それは本当に存在する。

西表島の西側に位置する船浮集落は西表島に在りながら、他の集落とは陸路で繋がっていない。

最も近い白浜集落へは船のみで繋がっているのだ。

 

まさに日本最後の秘境。

今月で西表島を去る前に、どうしても行きたかった場所の1つ。今日やっといってまいりました。

ということで、今...

July 19, 2018

由布島の園内見どころ「水牛さんの池」です。

 

園内に入るとすぐ水牛の池が2つあります。

まず最初に左手に見えてくるのが、小さな池。

こちらは出勤(水牛車)中の水牛さんの一時休憩場所です。

気持ちよさそうに池に浸かってます。

実は水牛は体温調節が苦手な生き物。なんと汗は鼻からしかかけないそうです。

 

とにかく水が大好きな水牛。

暑い日はほとんど日中を水の中で過ごしています。

水中から顔を出している姿は可愛いものです。。

 

そして、もう1つの池が非番の水牛さんの池です。

 こちらでは赤ちゃん水牛さんも見ることができます。

小さい角とか、お母さん水牛にぴったり...

Please reload

​Pick Up記事

僕と西表島の100日間生活~後編~

August 1, 2018